シロクマのしあわせ練習帖

朝空写真と脳内排出、ときどき夜空

小さな変化で大きく変わる

f:id:clara-stoopman:20220207071747j:plain

簿記3級の成績が伸び悩んでいることを苦に、藁にもすがる思いでYouTubeで解き方のコツのようなものを検索した。日商簿記3級に2週間で合格する方法という動画を見つける。予約した受験日までの残日数を数えてみたところ、ちょうど2週間前だった。こんな時もっとも臭い台詞を口にする悪い癖がある。「運命の出会いだっ」

動画を参考にして、計画の立て直しをしてみる。早速他の解説動画を見てみる。購入したDVD教材は「どうする」の解説が多いのに対して、彼の動画は「なぜ」の解説を端的にまとめているので、脳内にちらばった点と点が結びつく感覚が心地よかった。イケボ、イヌ(初期の頃は実写、後半イラストキャラ)、読み上げ速度、まとめ画像、すっと入ってくる要素が大盛。おまけにDVDを入れ替える手間が省ける上に、どこにでも持ち歩けるiPadiPhoneで事足りるのが魅力だ。教科書と連動していなくても、理解ができるし、逆に動画を見た後に教科書を開くと読む速度が速くなる。短期集中型のわたしには全米が震えるほどの出会いだった。

***

正直、もう学校や塾なんてもういらないなと感じた。義務教育や情操教育とはなんだという論点を除き「成績を上げるためだけが目的」ならば、十分オンラインの方が効果的だ。もはや義務教育以外で学校や塾(通信含む)に高いお金を払う意味は「自分のモチベーションを維持するため」だけの安心料なのだろう。その安心領を無駄にすることも稀ではないが、それは無駄にする人が悪いのではなく、その教育環境との相性が悪かっただけなのだ。人との出会いやふれあいとはなんだろうと考えてしまう。

師事する人との出会いは、運命的であり今後の人生を大きく変える重要なポイントでもある。誰を真似することから始め、誰から学ぶかである。学校や塾選びの難しさはそこにある。就職もそうである。企業に属していればメンター制度にて師事する人がほぼ決まる。組織という箱の中でチェンジすることは可能だろうが、選択肢が少ない。

師事する人を見つけること、どんな人たちと共に過ごすのか。そんな人生を大きく変えるカギとなる出会いは、結婚相手を見つけるに匹敵するほど難しい。

まさに運命の出会いといっても過言ではないのである。学びたいという思いを原動力に、行動しなければ出会う確率はない。出会わないまま一生を終えてしまうこともある。

同じことの繰り返しの中でも、小さな変化を起こすことの大切さを改めて知る。

(1018)