シロクマのしあわせ練習帖

朝空写真と脳内排出、ときどき夜空

「なんとなく」生きていくことが、最大の幸せだと思えた朝。

アラーム生活二日目。朝6時から1時間おきにアラームを設定して行動と気持ちの切り替えのきっかけにしてみた。

6時の起床と共に朝空写真を撮影し、この日記に脳内排出をする。30分制限で脳内の断捨離を終わらせると、散歩に出かける。そして、始業時間までの間に勉強をする流れで予定を組んだ。

ところが、今朝は腸内排出に時間がかかり、コトを済ませてトイレ掃除をしていると、息子が起床。朝食の準備をして食事をするという珍しい行為に出たわけで。日記を書く時間が1時間遅れ、散歩の時間が取れなくなった(勉強優先のため)。

なにゆえ普段食べない朝食をとるのかと尋ねてみた。答えは至ってシンプルだった。「早起きできたから」。意志とは関係なく、体が目覚め、腹が減って、食事をする時間が取れるから食べる。ひとことでいうなら「なんとなく」と言ったところだろうか。

滅多にしないことをすると「雨降るぞ」とよく言ったものだが、天気予報は傘マークだった。息子の予定では今日は晴れだったらしく、空に向かって愚痴をこぼす。

「ころっころ、ころっころ変えやがってよぉ、ったく」

空に向かっていったところでしょうがないじゃないかと思いながらも、その言葉がなんだか自分に対しても当てはまっているなと思い始めたわけで。

生活リズムを「ころっころ、ころっころ変えやがってよぉ、ったく」

作業する場所(机の位置)を「ころっころ、ころっころ変えやがってよぉ、ったく」

その他もろもろ。大喜利状態で際限なく出てくるわけで。

試行錯誤して生きるのをやめた方が、いっそ楽であり幸せなのではないだろうかと思い始めた。

なんとなく。

「なんとなく」思ったり行動したりすることは、潜在意識が欲していることなのだろう。たいして頭のよくない健在意識なんかに頼って、あーでもない、こーでもないと「ころっころ、ころっころ変える」ことを繰り返すのは、頭の悪い上司が無駄に会議を開いて、仕事をした気になった時間を強制的に共有しているようなものだ。なんの生産性もなく、発展もなく、誰のためにも何のためにもならない時間の無駄なのだ。

楽で、思うように生きる為に必要なことは、きっと「なんとなく」日々を過ごすことなのだろう。やってみたいことを、なんとなく始める。飽きたらやめればいいし、夢中になったらとことんやればいい。規則正しい生活なんて「第三者が決めた基準」でしかないわけで。

結果を求めるよりも、自分の奥底でつぶやいている潜在意識に身を任せた方が、心身共に健全で楽しく長く生きていけるのではないだろうか。

雨が降ったら気ままに本を読み、晴れて風が気持ちよかったら気ままに散歩をし、暑い日には凉を求め、寒い日には暖を求め、腹が減ったら食べたいと思うものを口にし・・・。

野生動物の肉食動物は、腹が減ったら食材(獲物)を確保するための行動に出る。草食動物は、食材(植物)のある場所まで出向くために歩きだす。それ以外は自然と戯れ、疲れたら寝る。敵から身を守るために最低限の注意を払い、まさに「クウネルアソブ、ときどき子孫繁栄」といったところだ。

人間はというと、いつの間にか、好き勝手に快楽を求めるために「お金」というものを作り、その「お金」のために振り回されて生きている。経済関係者は口をそろえて言う「発展のため」だと。でも、野生動物から見て、人間ははたして「発展」したといえるのだろうか。お金を生産するため、獲得するため、消費するため、そんな無意味な欲望のために時間を無駄に費やし、心身ともにすり減り、健康寿命を短くしているのではないだろうか。

 

・繁栄とは:豊かにさかえること。さかえて発展すること。

・発展とは:物事の勢いなどが伸び広がって盛んになること。物事が、より進んだ段階に移っていくこと。

 

・豊かとは:1 満ち足りて不足のないさま。十分にあるさま。2 経済的に恵まれていてゆとりのあるさま。3 心や態度に余裕があって、落ち着いているさま。4 量感のあるさま。

 

・栄えるとは:勢いが盛んになる。繁栄する。繁盛する。

・盛んになるとは:1 勢いがいいさま。2 人が最も元気な時期にあるさま。気力などが充実しているさま。3 盛大に行われるさま。繁盛しているさま。また、広く行われるさま。4 積極的に繰り返し行われるさま。熱心。

 

勢いを求めてゆとりを失っては繁栄にはならないということか。少子化がそれを物語っているような気もした。人間は、経済的豊かさをもとめ「子孫繁栄」を見失うほど愚かな生き物なのだろう。ゆとり教育が失敗に終わった理由も、裏を返せばこういうことなのだろう。

平均寿命は年々伸びていると医学の発展を誇らしげに言う者もいるけれど、心身ともに豊かに生きていられる年齢というのは、きっと昔も今も変わらないのではないだろうか。

今からでも遅くはない、「なんとなく」過ごす時間を増やし、心身豊かに生きていこう。そう心に決め、アラームのセットをすべて解除した。

(2018)